派遣会社や紹介会社を利用するデメリット

実務経験が無い人は好条件の求人を紹介してもらえないことがある

期間工の仕事は派遣会社や紹介会社を通じて探すこともできますが、実務経験が無い人は給料や福利厚生などの条件が良い求人を紹介してもらえないケースもあるため注意が必要です。特に、実務経験者の求職登録を歓迎している派遣会社や紹介会社においては、未経験者の対応が後回しになったり、充実した就職サポートを受けられないこともあります。そうした問題に対処をするには、なるべく自分で興味がある工場の求人を探して直接求人先に問い合わせをしたり、大手の工場の担当者が集まる採用説明会に顔を出したりするのがおすすめです。なお、求職中に派遣会社や紹介会社の利用をする際は、ベテランばかりでなく若手の求職者の内定実績も豊富な会社を探しましょう。

採用選考までに担当者との複数回の面談が必要となることも

派遣会社や紹介会社は、大手から地域に密着した小規模の工場まで様々な期間工の求人を扱っているところが多くあります。こうした会社を頼りにして求人選びの手間が省けるものの、採用選考に向けて複数回にわたり担当者と面談をしなければならないこともあり、人によっては内定を得られるまでに長い期間が必要となります。たとえば、手厚いサポートに定評がある派遣会社や紹介会社の中には、一つの工場の採否が決まるまでに新しく他の工場の選考を受けられないルールがあるところも少なくありません。そこで、派遣会社や紹介会社を利用しながらスピーディーに期間工の仕事を見つけるうえで、必要最小限のサポートをしてくれる会社を優先的に選ぶと良いでしょう。