直接応募する場合の注意点

求人の内容をチェックすることが重要

期間工は派遣会社経由で入社することが一般的です。派遣会社を仲介して入社すると、具体的なアドバイスや就職先の情報開示をしてくれるため、就職先を正しく選ぶことができます。直接応募の場合、このようなサポートがないため、すべての判断が自己責任となるのです。例えば、寮制度があって便利と思っていたが、勤務地から遠くて通勤が負担になったり、建物が狭くて古いことで居心地が悪いなど期待していた生活と違うことがあります。 また、収入においては、休日出勤や残業によって手当がたくさんつくと期待していたが、実際は生産量が少なくて定時時間での勤務となり、収入が予想通り得られないケースも考えられるのです。このようにならないために、正しい求人情報を入手することに注意しなければなりません。

計画的な雇用計画が必要

期間工には雇用契約により採用期間が限定的です。雇用契約が切れると無職になるため、次の就職先を速やかに決定しておくことが重要となります。派遣会社を仲介すると、次の就職先を検討してくれるため、働きながら就職活動をすることが可能です。しかし、直接応募の場合、自分で探さなければならないので、仕事をしながら就職するための時間を作らなければならないのです。また、会社の状況や勤務態度に応じて再契約という場面があります。 派遣会社を介していると今までの勤務実績などのアピールを担当者が行ってくれるためバックアップをしてくれます。しかし、直接応募の場合は、それがありません。自分の雇用計画を自己管理しなければならないため、労働と就職活動が両立できるかどうかの注意が必要です。

多くの期間従業員の募集では高待遇であることが多く、給与が高いことをはじめ、寮完備や福利厚生が良いことが多いです。